アリスと太陽【18話】ハジメテノオトー最新話のネタバレ&感想

『アリスと太陽』18話「ハジメテノオト」より引用

2018年11月5日発売の週刊少年ジャンプ49号、『アリスと太陽』18話を読みました。

最新話の「ハジメテノオト」のネタバレと感想をまとめています。

のんのん

前回のあらすじ】猫実のオーダーと真逆!べース未経験者が入部希望!?

これからの内容は、ネタバレを含みますのでご注意ください。

また、アリスと太陽の単行本や好きな漫画をで読みたい方は、U-NEXTを使えば今すぐ無料で読むことができます♪

>>【U-NEXTとFODプレミアム】無料で漫画を読むならどちらがお得?

アリスと太陽18話のネタバレとあらすじ

ついに猫実がギタリストとして加入することに。

しかし、猫実が出した条件は「凄腕のベーシストを入れる」ことだった。

スタジオから出てきた黒人アフロの高校生を見て、ベーシストと勘違いした猫実。

「そうきたか ファンキーなベースを弾けそうだ」と猫実は言うが、実は黒人アフロ高校生はただのアリスファン。

土門という名の放送部員で機材運びを手伝っただけだった。

猫実に気づいたアリスは「紹介するよ!うちの新ベーシスト候補 トーコだ!」

『アリスと太陽』18話「ハジメテノオト」より引用

ベーシスト候補が初心者と聞き、猫実はイラだちを隠せない。

「涼木…正気か?ドラムにベース リズム隊はバンドの背骨だぞ

それを初心者に弾かせるだと? お前それで本気で左鳩に── 朝比奈に勝とうと思ってんのか」

と猫実は太陽に言う。

「アサヒナって…あの『カタナビーツ』のギタリスト── 武道館に最も近い高校生朝比奈湊!?」

と太陽は驚く。

「まさか聞いていないのか?」と猫実。

 

学童クラブに左鳩からかかってきた電話では、左鳩は猫実が太陽にスカウトされたことを知っていた。

そして、「MIKAの曲を作る高校生──涼木くんと対決するのは朝比奈くんです

君がギタリストとしてどの大会でもどうしても勝てない唯一の同世代と──最高の舞台で戦えるチャンスかもしれないですね」

と告げたのだった。

 

「朝比奈とやり合えるのならと思ったけど…ナシだな」と瞳子を見て猫実は言う。

さらに「それとも音楽について何か特別な能力でもあるのか?」と瞳子に聞くが

瞳子が軽音部に入るきっかけは、学祭のライブで見て凄いなと思ったこと、ベースは昔兄がしていて家にあったこと。

まさに初心者の塊だった。

「仲良しクラブじゃ勝ち目ねーな 仲良く他界してろ」と飽きれて帰ろうとする猫実。

「いかん!トーコ!捕まえるんだ!」とアリスに言われ、焦った瞳子は「待ってください」と猫実を肩を掴む。

そのまま飛んでいく猫実(笑)

「ああっごめんなさい ごめんなさい」と平謝りの瞳子だった。

「見たか三日月!元バレー部大砲のパワーを!手が大きくて握力もある ネックもまるっと掴めるし、ベーシストとして協力な武器だろ?」

とアリスに言われ、一理あると思う猫実。

「そうだ!三日月が教えるのはどう? 5回スタジオ代無料でどうだ」とアリスにそそのかされ、スタジオ代目当てに「今日だけつき合う」と猫実はその気になる。

奥でその話を聞いたスタジオ経営者のユリは、怒りのオーラを発している(念能力者!?笑)

状況がつかめていない瞳子は「迷惑なら……」と遠慮しようとするが、「私達と音楽してみたい?」と聞くアリスに

「は、はい!それはもちろんです!!学祭の時もテレビも本当に感動して……でもそんな浅い理由……ダメ…ですよね」と瞳子は答える。

「なんで?それがいいじゃん」と笑顔でアリスも言い、「今はさ……とりあえずやってみようよ!」と励ます。

 

少し前にさかのぼり、軽音部の部室でアリス、太陽、しのんで話していた。

「2人はどう思う?」と聞くアリスに「一緒に演りたいっていうのは嬉しいね」と太陽は答える。

「でも初心者なんやんな……」としおん。

「そう……だけど私もなんかそこにもピーンと来たんだよな」とアリスは言う。

『アリスと太陽』18話「ハジメテノオト」より引用

「もし『運命』ってもんがるなら私達の味方だって気しない?」と笑顔で言うアリスに2人はなぜか納得してしまうのだった。

 

さて、練習のためにスタジオに入ったアリス達。

ベースを持った瞳子を見て「妙にサマになるな……」と思う猫実。

「おい いきなしアンプの電源入れんじゃねー 壊れんだろ」

「指弾きするつもりか?初心者が生意気だ ピック使え」と言い方は怖いが、しっかり瞳子に教える猫実なのだった。

 

一方「じゃあこのリズムに合わせてさっき教えたフレーズ弾いてみて」と優しく瞳子に説明する太陽。

ベースを弾き、アンプから聞こえる音にハッとなり、「音が!音がします!!音がしますよ!?」と大興奮する瞳子。

「当たり前だろ……」と飽きれ顔の猫実だった。

「じゃあしばらく練習して一回合わせてみようか」と太陽に言われ、「え!?もうですか!?私なにかしたら…」と瞳子が焦る。

太陽に「とにかく弾き続けてくれたら後は僕らが合わせるから」と言われ、初の合わせ練習が始まる!

『アリスと太陽』18話「ハジメテノオト」より引用

初めて音を合わせ、何かを確信する太陽!

瞳子は4人で奏でる音を聞き、とびきりの笑顔になるのだった。

「どんだけ嬉しそうだよ……」と猫実はつぶやくが、まんざらでもなさそうだった。

そして、アリスと太陽は顔を見合わせ思った。

僕らで……自分の力でこれを運命にしてしまえばいい──

アリスと太陽18話の感想

アリスと太陽、むちゃくちゃ面白いです!私の中ではイチオシ。

軽音部のメンバーも増え、ストーリーの展開も進んでさらに面白くなりそうな予感(^^)v

バンドメンバーも男女MIXってとこが、今までにない音楽マンガの展開な感じがします。

しのんと瞳子が上達したら、どんなバンドになるのか楽しみですね。

先日待望の1巻も発売され、盛り上がっていくことを願っています!

まとめ

『アリスと太陽』18話のネタバレと感想でした。

ネタバレである程度あらすじは分かりますが、漫画の醍醐味は絵をみながらストーリーを楽しむこと!

コマ割りやキャラクターの表情や細かいしぐさを見る事で、漫画はさらに面白くなります。

U-NEXTやFODプレミアムなどビデオオンデマンド(動画配信サービス)の電子書籍を利用すれば、無料で漫画を読めるのでぜひチェックしてみてください。

↓U-NEXTで今すぐ無料で漫画を読む方はこちらをクリック

U-NEXT公式サイトはこちら

↓FODプレミアムでより多くの漫画を無料で読む方はこちらをクリック
※Amazon Payでの支払いが条件です。無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

FODプレミアム公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です