ドクターストーン【88話】ヒトの翼ー最新話のネタバレ&感想!翼がなくても諦めない。人は科学で空を飛ぶ

『Dr.STONE(ドクターストーン)』88話「ヒトの翼」より引用

2018年12月24日発売の週刊少年ジャンプ4・5号合併号、『Dr.STONE(ドクターストーン)』88話を読みました。

最新話の「ヒトの翼」のネタバレと感想をまとめています。

のんのん

前回のあらすじ】麻布で気球を作る!
『Dr.STONE(ドクターストーン)』87話のネタバレはこちら

これからの内容は、『Dr.STONE(ドクターストーン)』88話のネタバレを含みますので、ご注意ください。

また、Dr.STONE(ドクターストーン)単行本や好きな漫画をで読みたい方は、U-NEXTを使えば今すぐ無料で読むことができます♪

>>【U-NEXTとFODプレミアム】無料で漫画を読むならどちらがお得?

ドクターストーン88話のネタバレとあらすじ

「なに!!!空飛びマシーン!?」

千空たちが、気球を作っている事を知ったクロムは叫んだ。

「クッソ、俺だけ車も戦車もノータッチなんだぞ。今回だけは絶対・・・」

「うぉぉぉぉぉ!!ヤベ―、乗りてぇぇぇ!!」

石神村から、千空の元へ走ってむかうクロム。

千空の計算によると、気球の半径7.8mで定員は3人。

3人しか乗れない気球──。クロムは全速力で走り続けていた。

 

一方、千空たちの気球作りは佳境を迎えている。

気球に使う麻布を、せっせと縫い続ける杠手工芸チーム。

「痛って!また刺したし!!」陽の指は包帯だらけ(笑)

スイカたちはスイスイ麻布を縫い続けている。

「うますぎじゃね、原始人連中全員」と陽が愚痴をこぼすと、

「皮の布とかでお裁縫なら、みんなしょっちゅうしてたんだよね」とスイスイ縫いながら話すスイカだった。

 

そして、ついに気球の完成!

「んで、誰が乗るの?定員3名って。俺はヤだけど」とゲン。

仕組みを知っている千空は決まりで、残りはあと2人・・・。

千空の「気球は自分じゃ動けねーから、パイロットは風のプロが条件だ」の一言で

「なるほど!おーい龍水・・・」と龍水を呼ぶ大樹。

「シッッ!!!交渉が直球すぎ!」ゲンが間髪入れずに大樹を止める。

直球の交渉は、龍水に報酬をボッタくられると読んだゲンは、得意の心理戦に持ち込む。

使うのは、もちろんトランプ!!

 

「みんな、集まって~♪気球に乗るメンバーはあと2人!くじ引きできめちゃうよ!!

ジョーカーをひいた2人が当たりね」

次々とトランプをとるが、みんなハズレばかり。

そして龍水の前に出したトランプには、さりげなく飛び出した1枚が。

それを見た杠は「あ、、くじで龍水くんにたまたま当たったことにして──」と気づく。

千空も気づき、「タダでやらせようっつう腹か。通るか?こいつに……」と心の中でつぶやく。

もちろん、龍水本人も気づいていた。

 

「フゥン、そうゆうことか。俺の力が欲しいなら素直に言え。小細工に免じてパイロット報酬は100万ドラゴにまけてやるぜ!」

と、あえて飛び出した1枚を引き、「当たりのジョーカーは俺のものだ!!」とカードをみる。

「???ハートの3??」

龍水、千空、杠3人とも「ハズレ?」と思っている中、何もなかったかのようにカードをみんなに引かせるゲン。

 

「人間ってね♪手に入ったかと思ったものを失うのが一番惜しくなるっていう心理実験があるのよ。

恋愛なんて正にそうだから試してみ~♪」

キメ顔でつぶやくゲン。(勉強になります!!)

 

すかさずフィンガーテクニックで、隠し持っていたジョーカーをゲン自身が引いたように見せ、

「あれ?引いちゃったよ、ジョーカー。まさかビックリ!俺に当たっちゃうとか困ったな~」と龍水を見てぼやく。

動揺する龍水(笑)

 

ゲンの作戦に気づいた千空も「なんだ、いらねえのか?二度と手に入らねぇ超プラチナチケットだぞ。

新世界で人類初の飛行者だ!」

だ・よ・ね~。だけど気球ってちょびっと怖いな~」と、さらにあおるゲン。

 

「はっはー!なら俺が代わってやってもいいぞ!!」見事に罠にはまる龍水w

「でも~、せっかく当たったチケットだし、さすがにタダってわけには・・・・」とかわいく渋るゲンに、龍水は高額のドラゴで買い取った。

悪い顔で高笑いするゲンを見て、「こりゃ、ソッコーで貯まるな石油代!」と千空。

「もう恐ろしいんですけど、ゲン君が・・・」と杠もドン引き。

 

さて、気球に乗れるのもあと1人。

「ラストは運でいい?」とこっそり千空に聞くゲン。

「上空でビビんねぇでやる気のあるやつなら──」と千空が答えると

「あるぜぇぇ!ヤベ―ほどやる気ィィィィ」と大声で叫ぶ奴がいた。

 

「俺も引くぜ、その空飛びマシーンに乗れるくじ引き。気合い一発で当たり引いてやっからよ!!」

それの声は、ゼェーゼェー息を切らして叫ぶクロムだった。

「えぇぇぇ、石神村から?」

「クロム!!走って戻ってきたのか」とみんなが驚く中、クロムは言った。

 

「この目で見てぇじゃねーか、空から世界ってホントはどうなってんのか。

いや聞いたぜ。千空に地球は丸いって。でも一生小っちぇ村で生きてた俺らは・・・

『Dr.STONE(ドクターストーン)』88話「ヒトの翼」より引用

聞いただけ。全部ただもう知ってる千空に聞いただけなんだ。だからよ──」

強い願いを込めて、自分で選んだトランプを引くクロム!

「しゃぁぁぁぁぁ!!」ジョーカーを引いたクロムは涙ぐみながら歓喜の声を上げた。

「クロムがホントのホントに、気合いで当てたんだよ!!」とスイカも涙ぐんで喜ぶ。

「マ・ジ・か!運って変わんだな、そーゆーのでよ」陽は驚きつつも、クロムの当たりを喜んでいた。

 

実は、クロムは当たりのトランプを引いたのは、ゲンの手品の技『フォージング』のおかげ。

フォージングとは、相手に好きなカードを引かせるが本当は選ばせるカードは決まっているというテクニック。

クロムの熱意をみたゲンの粋な計らいだった。(男前すぎるぜ、ゲン!!)

 

そして、夜明け前。

案内用バルーンで上昇スピードを計る千空・龍水・ゲンの三人。

フワッと空へ浮き上がる案内用バルーンを見て、千空は上昇スピードを龍水に聞く。

「あのサイズなら分速70mってとこだな」

「何か分かるのそれで?」とゲンが言うと「上空の風が全部見える」と言い切る龍水。

やはり、龍水の風を読む力は抜群だった。

翔べるぜ、この風なら!絶好の出発日和だ!!

 

気球に点火し、少しずつ浮かび上がる気球。

「浮かんだぁぁぁぁぁ!ヤベェェェェ!!」

「マジで空飛びやがった」

半信半疑だったマグマや、他のみんなも浮かんだ気球を見て驚きを隠せない。

 

どんどん浮かんで小さくなっていく気球。

「すごいの~。人って欲張りで翼が無いなら諦めないんだもの。作っちゃうんだもの。科学で何百年もかかって」

飛んでいく気球を見て、カセキは涙ぐみながらつぶやいた。

 

「あれ?気球が光った!」

地上で見ていたみんなは、気球が光ったように見えた。

それは、上空1200mに達した気球が、太陽の光にあたったからだった。

 

クロムは、自分の乗った気球が明るいのに、地上が真っ暗なのを不思議に思っていた。

「地上の連中はまだ真っ暗なのによ」

千空はクロムにこう言った。

「上空1200m。今俺らは地上より7分未来の日の出を生きてんだ」

その言葉を聞いてハッとするクロム。

「丸いんだな、世界ってホントによ」

 

「見たぜ、この目で!くっそもっと見てえ。この世界の全部が知りてえ──」

クロムは大粒の涙を流しながら答えた。

 

「ククク、俺らも知らねえし見てえわ。石化光線の出た丸い世界の真裏に今、なにはあんのか」

千空は力強く笑った。

龍水も「はっはー、任せとけ!必ず連れてってやるぜ。見ろ足元の地球を!!

今世界は丸ごと俺たちのものだ!!」と叫ぶ。

 

千空たちはついに気球を手に入れたのだった。

ドクターストーン88話の感想

ついについに気球が完成しましたね。

第3章に入ってから、怒涛の展開でストーリーが進んでいます。

そして、88話はクロムが主役の回でしたね。泣けます。

科学に興味があるクロムにとって、科学の力で空を飛び、地球が丸いのを自分の目でみた感動や感激はそうとうなものだったと思います。

クロム!本当によかった!!

88話では、ゲンがさらに好きになっちゃいました。ミスター参謀とはゲンのこと。

ドクターストーンに無くてはならないキャラに成長しました(*^^)v

次号はセンターカラー!

ジャンプ誌でも人気上がってきてますね。

まとめ

『Dr.STONE(ドクターストーン)』88話のネタバレと感想でした。

ネタバレである程度あらすじは分かりますが、漫画の醍醐味は絵をみながらストーリーを楽しむこと!

コマ割りやキャラクターの表情や細かいしぐさを見る事で、漫画はさらに面白くなります。

U-NEXTやFODプレミアムなどビデオオンデマンド(動画配信サービス)の電子書籍を利用すれば、無料で漫画を読めるのでぜひチェックしてみてください。

↓U-NEXTで今すぐ無料で漫画を読む方はこちらをクリック

U-NEXT公式サイトはこちら

↓FODプレミアムでより多くの漫画を無料で読む方はこちらをクリック
※Amazon Payでの支払いが条件です。無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

FODプレミアム公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です